1/1

『どーん、じゃんけんぽん!』

¥1,540 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

ひがし ちから/作 24P 世界文化社

【色々な生き物とじゃんけんぽん!】

木を囲むようにして丸太の塀があります。かんちゃんととゆいちゃんは、そこで「どーん、じゃんけん」をすることにしました。丸太の上から降りてはいけなくて、まっすぐ進んで出会ったらじゃんけんし、勝ったら進んで負けたら丸太から降りて、どちらが反対側に早く着くか競争するのが「どーん、じゃんけん」です。

早速「よーい どん!」と始まりました。しかし、向こうから来るのは唯ちゃんではなく、きつねです。きつねは一緒に遊びたいらしく一緒に「どーん、じゃんけん」をしました。

まず「どーん」と言って両手を合わせます。パチンと合わせたらじゃんけんです。かんちゃんはきつねに勝ちました。きつねに勝って先に進もうとしたら、いつの間にか丸太が遠くまで続いていて少し不安になりましたが、かんちゃんは丸太の上を進むことにしました。丸太は池の上まで続いていました。落ちないようにゆっくり進んでいると、次はかえるがやって来て「どーん、じゃんけん」をしてかんちゃんは勝ちました。かえるは池の中に飛び込みました。

池を渡ると森の奥からこぐまが丸太の上をやって来ました。丸太を辿っていけばゆいちゃんと会うはずなのに、唯ちゃんではなく生き物ばかりに出逢います。さて「どーん、じゃんけん」はいつまで、どこまで続くのでしょう?

明るくしっかりと描写された絵はとても見やすく、幼児さんぐらいと一緒に読むと楽しい絵本です。

【丈太郎のひとりごと】
この「どーん、じゃんけん」もそうですが、子どもたちはそこにあるもの、その環境で新しい遊びを作っていく天才です。僕も幼い頃は友達と一緒に独自のルールを決めたオリジナルな遊びをいくつもやっていました。

この絵本はゆいちゃんに出会うはずが、生き物たちに出逢い、丸太も違う方向に伸びて行ってると言うちょっとしたファンタジーを感じる絵本です。

物語を理解し始めた3〜4歳の子どもたちと一緒に読むと楽しく読めると思います。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (1)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,540 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品